Woman Selling a Match

I was walking in the dark back town.

It was too dark.
I was feeling overwhelmed.

“Man, buy a match.”
I was stopped by a young woman.

“How much?”
“I don’t care.”

I bought a match for only one.

The woman lifted the skirt hem.
She did not wear underwear.

“Do you mind?”
“Please, man.”

I rubbed the match.
It does not burn.

I rubbed again.
It does not burn.

I’m sure it’s getting wet.

“Man, it doesn’t burn very well.”
“Oh, it won’t burn.”

I am not lucky at all.

It is life while the rubbed match is on fire


【 マッチ売りの女 】

おれは暗い裏町を歩いていた。

どこまでも暗かった。
気が滅入りそうだった。

「おじさん、マッチ買ってよ」
若い女に声をかけられた。

「いくら?」
「いくらでもいい」

一本だけマッチを買った。

女はスカートの裾を持ち上げた。
下着はつけてなかった。

「いいのか?」
「どうぞ、おじさん」

マッチを擦った。
火がつかない。

もう一度擦った。
火がつかない。

きっと、しけてしまったんだ。

「おじさん、なかなかつかないね」
「ああ、つかないね」

まったく、おれはついてない。

  まっち擦ッテ 燃エテルウチガ 人生サ

Advertisements

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Google photo

You are commenting using your Google account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s