Tsunami

The ship was shed.

I do not have to teach from the instrument.
It is understood by the feeling.

The captain stands on the deck and looks far away.
A black cliff can be seen above the east horizontal line.

There can not be land in that direction.
It is not a cliff.

That is a wave. Big wave.
No, it’s a tsunami.

It is the biggest tsunami!

What blackness and size?
Seeing high, wide and huge.

A giant without a head, spreading his arms wide.
That evil horrible figure.

Such an old ship is a leaf of a waterfall.
Rudder, mast and screw are meaningless.

We can not escape.
It is completely too late.

The ship shakes greatly.
That moment…

The captain opened his eyes wide.

The ship has not swayed at all.
It’s very quiet.

It was a dream.
He was sweating very hard.

“Tsunami?”
The captain sighs and gets up slowly.

A beautiful night sky is visible 
from a small round window on the wall.

Countless star scraps shine innocently.

Far from the tsunami, one wave can not be seen.

Neither the sea surface nor the horizontal line 
can be seen from here.

Land, ship and lighthouse can not be seen from here.

“Captain, are you awake?”
A robot dog cried from behind.

“Oh, have a dream.”
“Is your hometown a dream again?”

“Yeah, that was nostalgic.”

The captain sighs and touches the collar of the robot dog.
A small globe hanging on the collar.

While turning it around, the captain sighs again.
“Oh, where have my hometown disappeared?”


【 津波 】

船は流されていた。

計器に教えてもらうまでもない。
それは体感でわかる。

船長は甲板に立ち、遠くへ目を凝らす。
東の水平線の上に黒い断崖が見える。

あんな方角に陸地があるはずはない。
断崖ではない。

あれは波だ。大波。
いや、津波だ。

最大級の大津波だ! 

なんという黒さ、大きさだろう。
見る見る高く広く、巨大になってゆく。

両腕をいっぱいに広げた、首のない巨人。
その邪悪な恐ろしい姿。

こんな老船、滝壺の葉っぱだ。
舵もマストもスクリューも、無意味だ。

逃げられない。
完全に手遅れだ。

船が大きく揺れる。
その瞬間・・・・

船長は目を見開いた。

船は少しも揺れていない。
とても静かだ。

夢だったのだ。
びっしょり汗をかいていた。

「津波か」
船長はため息をつき、ゆっくり起き上がる。

壁の小さな丸窓から美しい夜空が見える。
無数の星くずが無邪気に輝いている。

津波どころか、波ひとつ見えない。

海面も、水平線も見えない。
陸地も船も灯台も見えない。

「船長。お目覚めですか」
背後からロボット犬が声をかけてきた。

「ああ。夢を見てね」
「また故郷の夢ですか」

「うん。懐かしかったよ」

船長はため息をつき 
ロボット犬の首輪に触れる。

首輪には小さな地球儀がぶら下がっている。

それをくるくる回しながら 
また船長はため息をつく。

「ああ。どこへ消えてしまったのかな」

Advertisements

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Google photo

You are commenting using your Google account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s