Cockpit

It seems to be sailing, but this place is not the sea.
A place far from the harbor and people than sea.

Let’s call the vehicle “ship” for the time being.
This ship is wrapped in endless darkness.

The room which seems to be a cockpit room is also not bright.

I am sitting in the central cockpit.
Apparently I seem to be in the position of captain.

However, there is only one other crew member.
Pilot explainer purchased with this ship in sets.

She explains me when I do not know how to fly.
She is a young woman with a pretty neat appearance.

I can not bring myself to embrace her for some reason.
She is a strange being.

By the way, it seems that an emergency has occurred.

The function of the operation panel is very strange.
No matter how much you enter the instructions 
there is no reaction.

An emergency alarm sounded here and there.
I ought to ask the pilot explainer to help me.

And yet she does not appear in the cockpit.

I realize I do not know her name at present.
However, I can not afford to think why I do not know.

Anyway I try to hit the control panel with bare hands.

The operation panel has broken easily.
Block-like parts roll on the floor.

I can not imagine it to be a precision part in any way.
It can only be seen as building blocks of various shapes.

When I am holding my head, 
the voice of the control presenter.

“The end, the end captain, captain of the end”

She came into the cockpit while dancing.

Obviously the maneuver description function was broken.
I see a spark and a metal rod from her broken neck.

In other words, she was not a human being.
It was an anthropomorphic precision machine.

That is why I did not feel like embracing.
But then I would like to embrace it with that.

However, it was not so much.

Emergency alarm sounded sharply in my head 
whether I was embedding the device unknowingly.


【 操縦席 】

航行しているようだが海ではない。
海よりもっと港や人々から離れた場所。

乗り物はとりあえず「船」と呼んでおこう。
この船は果てしない闇に包まれている。

操縦室と思われる部屋も明るくはない。

私は中央の操縦席に座っている。
どうやら船長の立場にあるらしい。

といっても乗組員は他に一人しかいない。
この船とセットで購入した操縦説明者。

操縦方法がわからない時に説明してくれる。
なかなか端正な容姿の若い女性である。

なぜか抱く気になれない。
奇妙な存在だ。

ところで、緊急事態が発生したらしい。

操作パネルの機能がどうもおかしい。
いくら指示を入力しても反応がないのだ。

あちこちで非常警報が鳴り出した。
操縦説明者に助けてもらうべきだろう。

それなのに操縦室に彼女の姿はない。

いまさら彼女の名を知らないことに気づく。
だが、知らない理由を考えている余裕はない。

ともかく操作パネルを素手で叩いてみる。

簡単に操作パネルが割れてしまった。
ブロック状の部品が床に転がり落ちる。

どのように見ても精密部品とは思えない。
いろいろな形の積み木にしか見えない。

頭を抱えていると、操縦説明者の声。
「おしまいよ。おしまいよ。おしまいの船長さん」

彼女は踊りながら操縦室に入ってきた。

明らかに操縦説明機能が壊れていた。
折れた首から火花と金属棒が見える。

つまり彼女は人間ではなかったのだ。
擬人化された精密機械だったのだ。

どうりで抱く気になれなかったわけだ。
しかし、それならそれで抱いてみたい気もする。

だが、それどころではなかった。

知らないうちに装置が埋め込まれていたのか 
私の頭の中で、けたたましく非常警報が鳴り出した。

Advertisements

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s