The Ring Before the Grave

A foreign cemetery close to dusk 
where no people go and go.

The row of tombstones was dyed red in the setting sun.
Before the one white grave, I picked up a beautiful ring.

“Hey, please, I’d like you to put me in your finger.”
Suddenly, I felt like hearing such a voice.

Playfully I put it on my ring finger on the left hand.
It got strangely lightly addicted.

But it does not suit me.

Should I present it to her?
I thought about such a thing.

Let’s remove the ring for the time being.

It was supposed to be easy.
However, I can not quite get out.

“No, please do not pull me out.”

I heard such a voice.
The ring tightens my finger.

In addition it pulls my finger without mercy.
It will try to lower me down to the ground.

It was a hard force.
I could not stand it anymore.

I kneled in front of a tomb whose name was unknown.
My fingers buried deep into the ground.

“You, please, hurry, come quickly, come on.”

A woman’s voice is heard from just below the ground.
It is no longer my mind.

There was no time to read 
such as an inscription of a grave.

But I am sure.
Perhaps this is an unfortunate bride’s tomb.


【 墓前の指輪 】

行き交う人の姿もない
夕暮れ近い外人墓地。

墓石の列が夕日に赤く染まっていた。

そのひとつの白い墓の手前で
私は美しい指輪を拾った。

「ねえ、お願い。はめて欲しいの」

ふと、そんな声を聞いたような気がした。

ふざけて左手の薬指にはめてみた。
不思議なくらい軽くはまった。

だが、自分には似合わない。

(彼女にプレゼントしようか?) 
そんなことを考えたりした。

(とりあえず指輪をはずしておこう)

それは簡単にはずれるはずだった。 
だが、なかなか抜けない。

「いやいや。お願いだから、抜かないで」

そんな声が聞こえる。 
指輪がきつく指を締めつける。

さらに指をグイグイ引っ張る。
下へ、地面へと引き下げようとする。

あらがいがたい力だった。
もう立っていられなかった。

私は名も知らぬ墓の前にひざまずいた。
指が地面にズブズブ埋まってゆく。

「あなた、お願い。早く、早く、来て」

女の声が地面のすぐ下から聞こえる。
それはもう気のせいではない。

墓碑銘など読む暇はなかった。
しかし、私は確信する。

おそらく、これは
不幸な花嫁の墓に違いあるまい。

Advertisements

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s