Ear-Bug


Children say strange things.
“Ah, I found Ear-bug! Ear-bug!”

My daughter clung to me and pulled my ears.

In the afternoon of a holiday, 
I was reading while in the living room.

Even though I was absorbed in the story at all costs.

A sharp pain ran to the base of my ears.

“Here it is, very big Ear-bug.”
Ears were on her little palm.

I see. Bug of the ear?
It is quite interesting idea.

If you are told, it looks like a bug.
It has a shape like a butterfly’s wing.

Besides, six legs are growing properly.
How, it extends to two tactile senses.

Ear-bug moved both ears and floated up in the air.
In other words, it flew.

The flapping sound was frankly felt noisy.

I was worried somehow and tried to call out.
“Hey, Ear-bug. Where are you going?”

After all, the voice is strange.
Or, I heard it, my ears are strange.

I stand up and see the mirror on the wall.
My ears were gone.

I can hear the barking voice of a dog next door.

My daughter in front of me is pointing to an open window.
“Ear-bug ran away from the window.”

The voice of such a daughter felt faintly afar off.

This is difficult.
Anyway, I have to catch Ear-bug!

It seems to be a big problem if I do not manage.
“Lend me a bit of an insect net.”

I intended to speak, 
but I can not hear my voice for some reason.

But my daughter nodded and left the living room, 
so my voice surely got emitted.

Alright.
In any case, I have to act calmly.

Ear-bug something can never exist.
Even if it exists, it must be a hallucination.

Then, is this a halo?
“He is a weirdo at all, the man in the neighbor’s house.”

That was the woman’s voice at the neighbor’s house.


【 ミミムシ 】

子どもというのはおかしなことを言う。
「あっ、ミミムシ! ミミムシ見つけた!」

娘に抱きつかれ、耳を引っ張られた。

休日の昼下がり、居間で読書中のことだった。
せっかく物語に夢中になっていたのに。

鋭い痛みが両耳の付け根に走った。

「ほら。とっても大きなミミムシ」
幼い手のひらに耳が載っていた。

なるほど。耳の虫か。
なかなか面白い発想だ。

言われてみれば、虫のように見えなくもない。
蝶の羽のような形をしている。

それに、ちゃんと六本の脚も生えている。
なんと、二本の触覚まで伸びている。

ミミムシは両耳を動かし、空中に浮き上がった。
つまり、羽ばたいたわけだ。

その羽音が妙にうるさく感じられた。
なんだか心配になって声を出してみた。
「おい、ミミムシ。どこへ行くんだ?」
やはり、声がおかしい。
というか、それを聞く耳がおかしいのだ。

立ち上がって、壁の鏡を見る。
両耳がなくなっていた。

隣の家の犬の吠える声が聞こえる。

目の前の娘は開いた窓を指さしている。
「ミミムシ、窓から逃げちゃった」

そんな娘の声が遠くかすかに聞こえた。

これはどうも大変だ。
とにかく、ミミムシを捕まえなければ! 

なんとかしないと大問題になりそうだ。
「ちょっと捕虫網を貸してくれ」

そう喋ったつもりなのに、
なぜか自分の声が聞こえない。

だが、うなずいて娘は居間を出たのだから 
確かに声は出たはずである。

さてさて。
ともかく落ち着いて行動しなければいけないぞ。

ミミムシなどいるはずがないのだから。
仮にいるとしても、幻覚に違いないのだから。

すると、これは幻聴なのだろうか。
「まったく変人よね。ふたつ隣の家のご主人って」

それは、ふたつ隣の家の奥さんの声だった。

Advertisements

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s