A Small Bug

It was the best weather for picnics.
Between me and my sister, we ran around the meadow.

I became it and chased after my sister,
my sister laughed and ran away to a long distance.

Finally I caught my little sister, we lied on soft grass as it was.

When I laughed, my breathing was bad.
But I was just laughing.

My sister was tired of playing, and then she fell asleep.

There are only my sister and I in such a wide meadow.
I felt like a mysterious feeling.

Where are our dad and mum?

After a while, a small bug came flying.

The small bug swirled over the sleeping sister’s face,
then stopped at her one ear,
and went into the hole of the ear as it was.

I was surprised and woke up.
It seems that I was asleep before I knew it.

Just beside, my sister is still asleep.
My sister ‘s hair was swaying with the wind along with the grass.

Then, was that bug was a dream?

I did not understand.
I could not judge.

I have to wake up my sister.
As soon as I thought, my sister opened her eyes.

She raises her upper body and gently sees me.
“Are you okay?”

I was worried.
Something about my sister is something wrong.

My sister replied after a while.
“All right.”

I thought she was not a different person.
Sister’s face, my sister’s voice, somewhere different.

“Because it’s just a dream of bug.”
I could not believe it.

Why, my sister knows my dream.
I have not told anything to her yet.

“Because I have seen the same dream as you.”
It is also.

For some reason my little sister knows.
She knows in my heart.

I can not understand any longer.
I only had to look at my sister’s face.

Wrong. different from usual.
Somewhere about her was strange.

“Is that so?”

Finally I noticed.
My sister’s eyes were abnormal.

The black eyes in her one eye were moving around in a minute.
It looked like a little bug.
 


【 小さな虫 】

ピクニックには最高の天気だった。
僕と妹、ふたりで草原を走りまわった。

僕が鬼になって妹を追いかけ 
妹は笑いながら遠くまで逃げた。

やっと妹を捕まえると、僕たちはそのまま
柔らかな草の上に寝転んだ。

笑うと、呼吸が苦しかった。
でも、つい笑ってしまうのだった。

遊び疲れたのか、そのうち 
妹は眠ってしまった。

こんな広い草原に妹とふたりだけ。
なんとも不思議な気分だった。

パパとママはどこへ行ったんだろう? 

しばらくすると、小さな虫が飛んできた。

小さな虫は眠る妹の顔の上をグルグルまわり 
それから妹の片耳にとまり 
そのまま耳の穴の中に入ってしまった。

僕はびっくりして、目が覚めた。
いつのまにか、僕も眠っていたらしい。

すぐ隣で、まだ妹は眠っている。
草と一緒に妹の髪が風にゆれていた。

すると、あの虫は夢だったのだろうか? 

わからなかった。
僕には判断できなかった。

妹を起こさなければいけない。
僕がそう思った途端、妹が目を開いた。

上体を起こして、じっと僕を見る。
「大丈夫か?」

僕は心配になった。
なんだか妹の様子がおかしいのだ。

やや間があってから、妹は返事をした。
「大丈夫よ」

別人ではないか、と僕は思った。
妹の顔で、妹の声なのに、どこか違う。

「だって、ただの虫の夢なんだから」
僕は信じられなかった。

なぜ、妹は僕の夢を知っているんだ。
まだ、なにも話してないのに。

「だって、わたしも同じ夢を見たからよ」
まただ。

なぜか妹は知っている。
僕の心の中を知っている。

もう僕はわけがわからなくなった。
ただ妹の顔を見つめるしかなかった。

違う。いつもと違う。
どこか奇妙だった。

「そうかしら?」

やっと気がついた。
妹の片方の目が異常だったのだ。

片目の中の黒い瞳が、小刻みに動きまわっていた。
それは、まるで小さな虫みたいだった。

Advertisements

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s