Last Judgment

I am a false Christian.
This is a church that resonates with a pipe organ.

I was deeply drooling my head and pretending to pray to God.

Silence eventually arrived, followed by a voice.
“A disbeliever, behold my eyes.”

Looking, it was a god.
Everything else in that figure was dark.

“I stopped the flow of time, neither sound nor light got here.”
“Ha.”

“I will make the final judgment from this.”
“Is that so.”

“But I will give you the last chance.”
“That’s fine.”

“You, do the final judgment.”
“I do not know the meaning, but …”

“I have left you to you who is one of you.”
“Why also such a thing?”

“If I give a referee, you will disappear.
So it is the last chance for you at the very least.”

“If it was that kind of thing …”
I murmured.

“There is no God.”

Then the world was filled with stained glass light
and pipe organ sound.

I deeply hurt my head
and kept pretending to pray to God forever.
 


【 最後の審判 】

おれは偽りのクリスチャン。
ここはパイプオルガン鳴り響く教会。

おれは深く頭を垂れ、神に祈りを捧げるふりをしていた。

やがて沈黙が訪れ、続いて声がした。
「不信心者よ。わたしを見よ」

見ると、それは神であった。
その姿の他はすべて闇であった。

「時の流れを止めた。ここには音も光も届かぬ」
「はあ」

「わたしはこれより最後の審判を下す」
「さようですか」

「しかし、おまえたちに最後のチャンスも与えよう」
「それは結構なことです」

「おまえ、最後の審判を下しなさい」
「意味がわからないのですが」

「おまえたちのひとりであるおまえに
 おまえたちをまかせたのだ」

「なぜまたそんなことを」

「わたしが審判を下せばおまえたちは消える。
 だから、せめてもの最後のチャンスなのだ」

「そういうことでしたら・・・・」
おれはつぶやいた。

「神はいない」

すると、世界はステンドグラスの光と 
パイプオルガンの音で満たされた。

おれは深く頭を垂れ 
神に祈りを捧げるふりをいつまでも続けた。

Advertisements

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s