Elevator

The door opened right and left in front of my eyes.
I ride the gray elevator alone.

A narrow rectangular parallelepiped box.
In retrospect, there is a rectangular darkness.

And hysterical footsteps echo.
Someone comes running from the dark.

I pushed one button on the operation panel.

The appearance of a strange woman appears
from behind the darkness.

“Do not close! Do not close it as you please!”

The door closes in front of the woman who shouts so.

I hear the sounds and screams hitting the door
through the door.

“Open up and open! Open up!”

Become anxious.
The door may open.

If the door opens, that woman’s eyes are horrible.
In the box, I can not escape any more.

However, the elevator began descending quietly.
I smile unexpectedly.

This is safe.

Falling downwards while adding speed.
Even I could afford to look at the buttons on the control panel.

By the way, which button was pushed?

Because I was hurrying,
I pushed it appropriately without looking.

But the number of buttons was very small.

“Heaven” and “Hell” …!
 


【 エレベーター 】

目の前で扉が左右に開いた。
ひとり、灰色のエレベーターに乗る。

狭くて殺風景な直方体の箱。
振り返ると、そこは長方形の闇。

そして、ヒステリックな靴音が響く。
闇の中から誰かが駆けてくるのだ。

あわてて操作パネルのボタンを押した。
見知らぬ女の姿が、闇の奥から現われる。

「閉めないで! お願いだから閉めないで!」

そう叫ぶ女の目の前で扉は閉まる。
扉越しに、扉を叩く音と叫び声が聞こえてくる。

「開けて! 開けて! 開けて!」

不安になる。
扉が開くかもしれない。

もし扉が開いたら、あの女の目が恐ろしい。
箱の中では、もう逃げることなどできないのだ。

しかし、エレベーターは静かに下降を始めた。
思わずニヤリと笑う。

(これで安心だ)

速度を加えながら、下へ下へと落ちてゆく。
操作パネルのボタンに目をやる余裕さえできた。

(はて、どのボタンを押したのだろう)
あわてたから、見もせず適当に押してしまった。

だが、ボタンの数はごくわずかだった。

『天国』と、『地獄』と・・・・!

Advertisements

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s