Called Back

“Hello. You.”

Called back and turned around,
he was an alien.

He was an alien who just said “I’m a real alien”.

“Well, what’s the matter with you?”
“Is there a toilet nearby?”

Am I supposed to be the Earth People’s Representative?

“Well, if it is a public toilet, there is a park ahead …”
I managed to explain with a gesture.

“Thanks for saving. Thank you.”

The alien rotated like a headlight like a signal light
and expressed feelings of pleasure.

Then he went up to the sky as it was.

While looking up at the sky, I am inclined.

(Hey, what’s with the toilet?
You want to use it, are not you? )

As I looked up my eyes,
I could see countless black spots like clouds in the sky.
 


【 呼びかけられて 】

「もしもし。あなた」

呼びかけられて振り向いたら
宇宙人だった。

本物の宇宙人ですよ
と言わんばかりの宇宙人だった。

「はい。なんでしょう?」
「近くにトイレ、ありませんか?」

おれは地球人代表ということになるのだろうか。

「ええと、公衆便所なら、この先に公園があって・・・・」
なんとか身振り手振りで説明を試みた。

「助かりました。ありがとうございます」

宇宙人は頭らしきものを信号灯のように回転させ、
喜びらしき感情の表現をしてくれた。

それから、そのまま空へ昇っていった。

空を見上げながら、おれは首をかしげる。

(おいおい、トイレはどうしたんだよ。
 使いたいのは、おまえじゃないのかよ)

目を凝らすと

はるか上空に雲霞うんかのごとく 
無数の黒い点々が見えるのだった。

Advertisements

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s