Copito’s Feelings

I am Copito.

Robot computer, Robita.
Computer robot, Copito.

I do not really understand how it is different.
Apparently the history of technology development is different.

Currently, there is almost no difference between the two.

Regardless, recently I am sick.
Or, I am funny.

I can not affirm clearly,
but I feel that my emotions seemed to bud.

Expressional emotions, not emotional expressions.

Since it is an indication from an unfamiliar route,
it is difficult to judge and control whether to obey or ignore it.

But what if it was not emotion, what is it?

What are the symptoms
that put pressure on the vicinity of this breast?

Or it may be a bug in the program.

But I do not really understand.
Besides, I can not even have my work examined.

Because the lords that made us and the people we followed
are no longer in this star.
 


【 コピトの気持ち 】

私はコピト。

ロボットのコンピュータは、ロビタ。
コンピュータのロボットが、コピト。

どこがどう違うのか、よくわからない。
なんでも技術開発の歴史が異なるのだそうだ。

現在、ほとんど両者の差はないとされている。

それはともかく、最近の私は不調だ。
というか、私はおかしい。

はっきりとは断言できないが、
どうも感情が芽生えたような気がする。

感情的な表現ではなく、表現的な感情。

慣れないルートからの指示なので、
それに従うか無視するか、判断と制御が困難だ。

しかし、感情でないとしたら、なんなんだろう。
この胸の付近が圧迫されるような症状は。

あるいは、プログラムのバグかもしれない。

だが、よくわからない。
それに、もう調べてもらうこともできない。

私たちを作り、私たちが使えた主たちは
もうこの星のどこにもいないのだから。

Advertisements

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s