Trail of Ants

On holiday morning, I brushed my teeth in the kitchen.
I used to rarely use the washroom.

Recently, I feel that the number of decayed tooth has increased.
And why is the mouth feeling sweet?

I was thinking while watching the vaguely white walls.
That time I found a strange thing.

There is a black thin line on the wall of the kitchen.
At first I thought it was a crack in the wall.

I put on my glasses and groaned unconsciously.

Because the group of ants were crawling in rows.
The so-called trail of ants was made.

They are busy moving six legs.
I was able to distinguish elaborate antennas and strong jaws.

I was withered like a child for a while.

Anyway, where did it come from?
Anyway I decided to follow the trail of ants.

One trail continued from the kitchen wall to the bathroom.

Enter through the gaps in the door,
leading to the walls of the bathroom.

There was a small crack in the wall of the bathroom,
and ants were coming in and out there.

Trail of ants started from here.
It will further extend from under the floor to the ground.

By the way, where is the reverse of this trail going?

Crawls the ceiling from the wall of the kitchen
and goes out to the corridor.

Continue to the second floor
by leaving the wall of the stairs as it is.

I gradually became uneasy.

It disappears from the gap of the door into the bedroom.
I opened the door of the bedroom in a hurry.

The trail of ants was crawling on the edge of the floor
in the bedroom.

It turns half way, climbing the legs of the bed.

My wife should be asleep on the bed.
I gave out all the courage and turned over the futon.

A black mummy was there.

It was black from head to foot.
A group of ants covered the whole body of my wife.

“Oh, good morning. What’s the matter?”
A black mummified yawn.

Sweet sweet newly-married life was ruin.
 


【 アリの道 】

休日の朝、台所で歯を磨いていた。
ほとんど洗面所を使わない習慣なのだった。

最近、虫歯が増えたような気がする。
それに口の中が甘く感じられるのはなぜだ。

ぼんやりと白い壁を眺めながら考えていた。
その時である。妙なものを発見したのは。

台所の壁に黒くて細い線が引いてある。
はじめは壁のひびかと思った。

眼鏡を掛けて、思わず呻いてしまった。

アリの群が列になって這っていたからだ。
いわゆるアリの道ができていたのだ。

六本の脚を忙しく動かして行き来してる。
精巧な触角や丈夫な顎も見分けられる。

しばらく子どもみたいに見とれていた。

それにしても、どこから湧いたのだ。
ともかくアリの道を辿ってみることにした。

一方の道は台所の壁から浴室へ続いていた。
ドアの隙間から入り、浴室の壁につながる。

浴室の壁には小さな割れ目があって
そこからアリが出たり入ったりしていた。

アリの道はここから始まっていたのだ。
さらに床下から地面へのびるのであろう。

ところで、この道の逆はどこへ続くのだ。

台所の壁から天井を這い、廊下へ出る。
そのまま階段の壁を上って二階へ続く。

だんだん不安になってきた。

ドアの隙間から寝室の中へ消えている。
あわてて寝室のドアを開けた。

アリの道は寝室の床の端を這っていた。
途中で曲がり、ベッドの脚を登っている。

ベッドの上には妻が眠っているはずだ。
ありったけの勇気を出して布団をめくった。

真っ黒なミイラがそこにいた。

頭から足の先まで真っ黒だった。
アリの群が、妻の全身を覆っていたのだ。

「あら、おはよう。どうしたの?」
真っ黒なミイラがあくびをした。

甘い甘い新婚生活が台なしであった。

Advertisements

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Google photo

You are commenting using your Google account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s