Shit Town

The map was wrong.
It was definite.

There was a crematorium in the place
where the fortress was supposed to be.

I was really tired.
I can not walk anymore.

I lie on the lawn of the park where there was a bridge.

The smell of the earth broke.
Disagreeable. It is a stool smell.

Perhaps there is a public toilet nearby.

It seems likely.
Because it is a park here.

Or did the stray dog ​​close to defecate?

Well, either way.
It does not matter.

I just fell asleep.
Staying wrapped in the intense smell of feces …

Then, I dreamed of Shit Town.

There was a sign at “Shit Town” and the entrance to the town.
Anyway, it was a smelly town not ashamed of that name.

People kept umbrellas even though the sky was fine.
Only white umbrella.

I understood the reason at once.
A pigeon feces has fallen on my head.

I ran away to the eaves.
There was a beautiful lady in the eaves.

She was crouchingly elegant with a dreamlike look.
The lady’s butt was out.

To my disbelief she was defecating.
It was where my shoes got dirty.

“Oh, this was rude.”
The lady bowed elegantly with crouching.

I tried to get away from it and I slipped and fell.
It seems that I stepped on a stool that has not dried yet.

“Oh, it’s strange”
The lady in defecation smiled while hiding her mouth.

I thought there would be other places to hide.

I met a similar sight everywhere.

I also saw the tricks of standing stool.
And she is a girl.

Children were throwing feces at the back of the alley.

There may have been someone to eat it,
but I fortunately saw it.

Naturally, the town was full of excrement.

I wondered if it was conditional reflexes,
but somehow I felt a matter of bowel movement.

I did not think there was a public toilet.
It does not matter because everyone is doing it.

I made up my mind and I crouch in the main street.

“Hey, come on! You can not do it here!”
An apathetic police officer got angry.

“Can you see this sign?”
There was a sign of “ban for defecation” in front of me.

There is no doubt that it is a filthy town,
but there seems to be discipline in this town.

I reviewed Shit Town a bit.

Even so, it is a dream that will never wake up.


【 ウンコタウン 】

地図はまちがっていた。
デタラメだった。

要塞があるはずの場所に火葬場があった。

さすがに疲れてしまった。
もう歩けない。

橋があるはずだった公園の芝に寝転んだ。

土の臭いがした。
いや。大便の臭いだ。

公衆便所が近くにあるのだろう。

ありそうな話だ。
ここは公園なのだから。

それとも犬が近くで糞でもしたのか。

まあ、どちらでもいい。
どうでもいいのだ。

そのまま眠ってしまった。
大便の強烈な臭いに包まれたまま・・・・ 

そうして、ウンコタウンの夢を見た。

『ウンコタウン』と町の入口に看板があった。
とにかく、その名に恥じない臭い町だった。

空は晴れているのに人々は傘をさしていた。
白い傘ばかり。
すぐにその理由がわかった。
俺の頭に鳩の糞が落ちてきたからだ。

軒下に逃げた。
軒下には美しい婦人がいた。

夢見るような表情で優雅にしゃがんでいた。
婦人の尻は丸出しだった。
信じがたいことに排便中だった。
俺の靴があやうく汚れるところだった。

「あら、これは失礼しました」
婦人はしゃがんだまま上品にお辞儀をした。

そこから離れようとして俺は滑って転んだ。
まだ乾燥していない大便を踏んだらしい。

「あら、おかしいわ」
排便中の婦人が口もとを隠しながら笑った。

他に隠すところがあるだろうが、と思った。

いたるところで似たような光景に出合った。

立ち大便という芸当も見た。しかも少女だ。
路地裏では子どもが糞を投げ合っていた。
食う奴までいそうだが、幸いにも見なかった。

当然だが、町中が排泄物だらけだった。
条件反射だろうか、なんだかもようしてきた。

公衆便所などあるとは思えなかった。
みんながやっているのだから問題なかろう。

決心して、俺は大通りにしゃがんだ。

「こらこら、ここでやっちゃいかん!」
黄土色の制服の警察官に怒られてしまった。

「この標識が見えんのか」
目の前に『排便禁止』の標識が立っていた。

不潔な町であることは疑いようもないが
この町にも規律はあるようだ。

俺はウンコタウンを少し見直した。

それにしても、なかなか覚めない夢だ。

One thought on “Shit Town

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Google photo

You are commenting using your Google account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s